交通機関などの予約について

日本三名泉に関して

交通機関などの予約について
温泉を旅行で訪れると言う方は多いのではないでしょうか。
江戸時代の儒学者、林蘭山による日本三名泉と言えば、有馬温泉、草津温泉、下呂温泉の3つの温泉です。
有馬温泉は、兵庫県神戸市にある温泉で、日本書紀にも記載がある温泉です。
泉質は、単純泉、二酸化炭素泉などで、冷え性、筋肉痛、関節痛などに効果があるとされています。
また、豊臣秀吉も入湯したと言われている温泉です。
草津温泉は、群馬県草津町にある温泉です。
草津は古くから温泉地として栄えてきました。
草津温泉には、湯もみと言う伝統文化があります。
これは、時間湯と言う江戸時代から残る特殊な入浴法のために考えられた文化です。
草津温泉は酸性の強い温泉で、また温度が高くそのままでは、入浴する事が困難です。
そのため、湯もみによって温度を下げます。
神経痛や関節痛などに効果があるとされています。
下呂温泉は、岐阜県下呂市にある温泉です。
泉質は、単純泉で、リウマチ、神経痛、疲労回復などに効果があるとされています。
その歴史は、平安時代に湯ヶ峰の頂上付近で発見された事に始まります。
発見された年代には諸説あり、天暦とも、延喜とも言われています。
下呂温泉は、発見された当時は現在の場所から離れた場所に位置していました。
鎌倉中期の文永2年に、湯ヶ峰の頂上付近で噴出していた温泉が、突然でなくなり、現在の源泉地であるとされている場所で再び発見されました。
温泉街は、高山本線が開通した昭和9年以降急速に発展していきました。
日本三名泉について紹介しました。
どの温泉地も一度は訪れてみたい場所と言えます。

サイトリンク