交通機関などの予約について

福岡の国の名勝

交通機関などの予約について
福岡への旅行をするとなれば、博多や大宰府天満宮を思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。
博多と言えば、博多織や博多人形の名産品、博多祇園山笠や博多どんたくなどの年中行事、博多明太子や博多ラーメンなどの食べ物など魅力的なものは多いです。
太宰府天満宮は、京都府の北野天満宮と伴に、全国の天満宮の総本山であり、元官幣中社であった神社です。
福岡県には、これらの他にも魅力的な観光地は多いですが、ここでは福岡県内にある国の名勝に指定されている庭園を紹介します。
福岡県にある国の名勝は、旧亀石坊庭園、戸島氏庭園、立花氏庭園、清水寺本坊庭園、藤江氏魚楽園、旧伊藤伝右衛門氏庭園の6つです。
戸島氏庭園は、旧戸島氏住宅内にあり、昭和53年に国の名勝に指定されました。
立花氏庭園は、旧柳川藩主立花氏の邸宅で、江戸時代、柳川藩主立花氏の別邸として使用されていた「御花」に、明治以降に設けられた建物や庭園です。
昭和53年に庭園の西半分が松濤園として国の名勝に指定されました。
残りの東半分が国の名勝に平成23年指定を受け、庭園全体が国の名勝となりました。
清水寺は福岡県みやま市にある天台宗のお寺です。
清水寺内の本坊庭園は、室町時代に築かれた庭園で、昭和4年に国の名勝に指定されました。
伊藤伝右衛門は、明治期から昭和期にかけての炭鉱経営者です。
この、伊藤伝右衛門が建てた邸宅です。
その、邸宅内にある庭園が平成23年に国の名勝に指定されました。
福岡を観光する際、博多や太宰府天満宮など他に、国の指定名勝を回ってみるのもオススメと言えます。

サイトリンク